クッカー

クッカーによっては料理法を選びますが、できない調理はありません。

料理の出来栄えを左右するだけにこだわりを持って選びたい道具です。

ダッチオーブン

このダッチオーブンと焚き火があれば出来ない料理法がないほどマルチな鍋。

蓋が重いので圧縮鍋的な使い方もできます。

材質は鋳物、ステンレス、アルミとあります。

料理法を選ばないのは鋳物ですが手入れが必要です。

ステンレスはシーズニング等の手入れ不要で取り扱いが楽です。

アルミ製は普通の鍋と考えたほうが無難です。

スチールクッカー

オートキャンプの代表的なクッカーです。

日常的に使えるスペックを備えるものもあり、家庭料理と遜色ない料理ができます。

お薦めは大中小と3種類の鍋がセットになったもの。これで炊飯と汁物、メインディッシュと大概はこれでまかなえます。

フライパンはサイズが小さかったり、鉄板が薄くて使いずらいものもあります。本格調理をするならサイズの大きい肉厚のあるものがお薦めです。

チタンクッカー

トレッキングでの使用を目的としたクッカーです。鍋としての機能意外に軽量化が考慮されており、チタン素材の特性である熱伝導性が悪く焦げやすいため、焼く・煮込むなどの料理法は不得意です(慣れれば結構できますが…)。

ガスカートリッジが収まるサイズとなっている物が多く、コンパクトにパッケージができ、レトルト食品を温めるのに丁度良く収まるサイズでもあります。

パーコレーター

アウトドアでコーヒーを炒れるためのポットです。

蓋にコーヒーの色付きを確認できるガラス製の取っ手がついたものが一般的です。

スチール製が多く重いモデルが多いのでトレッキングには不向きです。

ドリップとは一味違う味が楽しめます。

ドリップ

ロースター

焼き網です。とにかく屋外で焼き物をするのに便利です。

お薦めなのは餅です。汚れないし食材として応用が利きます。

網が二層になっているので、食材は下層の網の遠赤外線効果で中までしっかりと火が通ります。

輻射熱が大きいので火加減には注意してください。

youyou3poをフォローしましょう

Jimdoフレンド