ストーブ

「アウトドアで最初に用意する道具は?」と聞かれたときに薦めるのがストーブです。

お湯を沸かして簡単なインスタント食品に始まり、アイデアや工夫次第で何時でも何処ででも本格的な料理を作ることができます。

野外で淹れたてのコーヒーやお茶を飲めるのもストーブならではの特権です。

モデルによってはアタッチメントで暖房器具にもなります。

ガソリンストーブ

燃料にホワイトガソリン(白ガス)を使用します。灯油や自動車燃料等も使えるマルチフューエルタイプもあります。

着火前のポンピングやモデルのよってはプレヒートが必要だったりと使いこなすのに慣れを必要としますが、気温による性能差が小さく、年間通して使いたい方にお薦めです。

ガスストーブ

カートリッジに充填された混合ガスを燃料としており、カートリッジは使い捨てとなります。

気温による性能差が大きく、冬用にはプロパンの比率が高いガスが用意されています。

本体が小さく高出力のモデルが多く、カートリッジもサイズを選ぶことができ、その手軽さからトレッキングで使われる方が多いです。

アルコールストーブ

アルコールを燃料とします。

燃焼音は静かですが、火力は上記のストーブと比べると弱く1~2人用の火器です。

風に弱く防風対策が必要です。

ストーブ本体は最軽量で荷物を軽くしたい方にお薦めです。構造がシンプルなのでトラブルが少なく空き缶で自作もできます。

youyou3poをフォローしましょう

Jimdoフレンド